グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 財団について  > 基本理念・受診者の権利

財団について

基本理念・受診者の権利

当事業団の基本理念、倫理基準と患者さんの権利についてのご紹介です。


基本理念

公衆の健康な生活の維持増進をはかり、保健衛生水準の向上に寄与し、もって社会公共の福祉に貢献することを目的とする。

倫理基準

  1. 三越厚生事業団は、設立目的に従い、広く公益実現に貢献すべき重大な責務を負っていることを認識し、社会からの期待に相応しい事業運営に当ります。

  2. 三越厚生事業団は、不特定多数の受益者の不利にならぬよう心がけ、常に公正かつ誠実に事業運営に当たり、社会的信用の維持・向上に努めます。

  3. 三越厚生事業団は、関連法令及び三越厚生事業団の定款、規程を厳格に遵守し、適正に事業を運営します。

  4. 三越厚生事業団の役職員は、公益活動に従事していることを十分に自覚し、その職務や地位を私的な利益の追求に利用しません。

  5. 三越厚生事業団は、その事業活動に関する透明性を図るため、その活動状況、運営内容、財務資料等を積極的に開示し、社会の理解と信頼の向上に努めます。

  6. 三越厚生事業団は、業務上知り得た個人的な情報の保護に万全を期するとともに、個人の権利の尊重にも十分配慮します。

  7. 三越厚生事業団の役職員は、公益事業活動の能力向上のため、絶えず自己研鑽に努めます。

(三越厚生事業団倫理規定より)

受診者の権利

  1. 受診者の皆様は、良質な検査を公平に受ける権利があります。

  2. 受診者の皆様は、健診内容について十分な説明を受けたうえで、 医療機関を選ぶ権利と自ら検査を選択する権利あるいは拒否する権利があります。

  3. 受診者の皆様は、 自分が受けている検査について理解できるまで質問し知る権利や情報開示を求める権利があります。

  4. 受診者の皆様は、ご自身の検査結果等の個人情報やプライバシーが守られる権利があります。

  5. 受診者の皆様は、個人として人格を尊重される権利があります。
2008年3月
公益財団法人 三越厚生事業団
三越診療所
三越総合健診センター