グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療所について  > 病診連携について

診療所について

病診連携について

当診療所では病院と協力して、皆さまによりよい医療を提供しています。


当三越診療所のある新宿区には、慶應病院を始めとして、東京女子医大病院、東京医大病院の大学病院があり、さらに近隣の大きな病院としては、国際医療センター、厚生年金病院、大久保病院、社会保険中央病院、東海大学東京病院があります。
いずれの病院も区医師会と病診連携を行っており、その多くが区健診の精密検査の指定病院となっています。急性疾患、慢性疾患のほとんどが当診療所外来で治療を受けていますが、入院が必要な手術、医学的に入院加療が必要であると判断される急性腹症・肺炎・心筋梗塞・脳血管障害などの急性疾患については、病診連携ルートを介して近隣の病院あるいは遠方から来院される方には受診者の希望される病院を紹介しています。

頻度の高い紹介病院としては、例年、慶應病院、東海大学東京病院が挙げられ、さらに今年度は東京医科大学病院、東京女子医科大学病院、東京都済生会中央病院が比較的多くなりました。また、皮膚科、整形外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、眼科、婦人科などについて精査が必要な場合には近隣の専門病院や医院を紹介しています。紹介先としては、過半数が大学病院もしくは大学病院と同規模の大病院です。


CT検査は、造影検査を含め当診療所において施行しており、外部の検査センターへの依頼はMRI検査が多く、他に至急の大腸鏡検査と脳波検査があります。本年度の外部への検査依頼件数は199件で、前年度の173件よりやや多く、その内容としてはMRI検査の外部依頼が多くなりました。検査結果については、MRI、脳波は数日後に、検査データとともに専門医によるコメント付きの結果が当院に郵送され、外来で検査所見を説明しています。大腸鏡については、検査所見と処置内容について依頼した診療施設より報告を受けています。依頼した検査センターとしては、水町エム・アールクリニックとメディカルスキャニング(いずれもMRI)、クマガイサテライトクリニック(大腸内視鏡検査)などが挙げられます。

このように当診療所は以前から大学病院をはじめとして、専門病院と病診連携を行っており、入院精査あるいは治療が必要な受診者に対しては、適切な病院紹介と情報提供を行っています。

病診連携に関するお知らせ

2016年9月1日 東京医科大学附属病院の連携医師として、三越診療所の3名の医師が登録をしました。

平成26年度 紹介先病医院・検査センター一覧

診療・手術目的

慶應義塾大学病院45
東海大学東京病院28
東京医科大学病院17
東京山手メディカルセンター8
東京女子医科大学病院8
東京済生会中央病院5
その他大学附属病院35
その他病院・クリニック156
302件

検査目的

メディカルスキャニング84
水町MRクリニック55
心臓画像クリニック 15
大久保病院11
その他2
167件