グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受診案内  > 専門外来のご案内  > 循環器外来

受診案内

循環器外来

循環器科の役割って何?

生命の源である「心臓」と心臓と全身の臓器をつないでいる「血管」、心臓から送り出される血液の力と言うべき「血圧」などに対する診療するのが循環器科です。

循環器科で診療する主な病気

自覚症状がない

高血圧症に対する治療、検査、生活指導、食事指導(希望者は専門の管理栄養士が行います)

「胸痛」や「胸部不快感」などがある

狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する診断、外来検査、治療

「どきどきする」、「脈がとぶ」、「めまいや」や「ふらつき」などがある

不整脈に対する外来検査や診断、内科治療
自律神経障害に対する外来検査、内科治療

「息苦しい」、「むくみ」などがある

心不全に対する診断、外来診断、内服治療 生活指導、栄養指導

「歩のしびれ、冷感」、「歩くと足の痛みが出てくる」などがある

末梢閉塞性動脈疾患の診断、外来検査、内科治療
当診療所は心臓機能障害を持つ方に身体障害の認定を行うことが出来ます。
診療にあたる医師は全て循環器学会認定専門医を有しています。
患者さんの症状を良く聞き、しっかり身体所見をとり、最新の機器を使用し患者さん一人一人に合った適切な治療を行います。