グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受診案内  > 専門外来のご案内  > 神経・頭痛外来

受診案内

神経・頭痛外来

神経内科の役割って何?

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。症状としては“しびれ”や“めまい”、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。神経内科でどこの病気であるかを見極めます。

こんな症状があれば神経内科へ

  • 頭の痛み
  • ものわすれ
  • しびれ
  • めまい
  • ふるえ
  • うまく力が入らない
  • 歩きにくい、ふらつき、つっぱり
  • むせる
  • しゃべりにくい
  • ひきつけ、けいれん
  • ものが二重にみえる

神経内科で診療する主な病気

頭痛

頭痛は大きくわけて、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、クモ膜下出血や脳卒中など脳や頭部の病気の症状として出てくる頭痛と、他に病気が隠れているのではなく、頭痛を繰り返す慢性頭痛に大別されます。

脳卒中

脳の血管がつまったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血)して、脳の機能がおかされる病気のことをいいます。

具体的には急に手足が動かなくなたり、感覚が麻痺したりします。言葉がうまく話せなくなることや、意識がなくなることもあります。

認知症

ものわすれが多くなったときに疑ってください。お年よりでなくとも起こりえます。認知症のタイプによってはいわゆる「まだらボケ」という状態もあり、しっかりしていらしゃる時もあれば、おかしなときもあるという認知症もあります。

ただ、お年をとれば皆さん若いころに比べものわすれは多くなります。治療が必要な認知症かどうか判断します。

てんかん

手足をつっぱり、意識をなくし、口から泡をふくというけいれん発作が有名ですが、短時間ぼっーとしたり、意識がありながら手足がかってに動くような発作もあります。脳波などの検査で診断できることがあり、治療薬があります。

当施設には脳波検査がないため、提携医療機関に撮りに行って頂きます。また、脳腫瘍や脳出血など、なにか脳に原因のあっておこってくるてんかんもありますので、原因の検索も行います。

パーキンソン病

中年以降の方に多く、なにもしていないのに手がふるえていたり、歩くときに前屈みになって、歩幅が狭く、手の振りがなくなり、顔の表情もかたくなるような病気です。効果のあるお薬がたくさんあります。
当施設は入院施設がないため、診断、治療は外来通院で可能な事に限定されますが、慶応義塾大学病院と連携をとりながら加療を行っています。