グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 各種検査について  > 血圧脈派検査-CAVIとABI-

各種検査について

血圧脈派検査-CAVIとABI-

動脈硬化/血管機能の一つの指標であり、心血管、脳血管の早期診断に役立ちます。
脈波や血圧を測定し、10分くらいで容易にできる検査です。

CAVI」は動脈の硬さを調べる検査で、大動脈を含む心臓から足首までの動脈硬化度を調べます。
ABI」は下肢動脈の狭窄や閉塞を調べる検査です。
 動脈は心臓が血液を押し出すときの圧力を吸収できる丈夫な構造になっていますが、加齢や肥満・脂質代謝異常・高血圧・高血糖などにより動脈の柔軟性が失われて硬くなります。それがいわゆる動脈硬化です。CAVIは動脈硬化が進行するほど高い値となります。
 また、動脈硬化においては動脈が硬くなるだけではなく、狭くなることも問題です。動脈内の沈着物によって内壁が厚くなったり血管が狭くなったりします。動脈硬化が進むと血液の流れが悪くなる・血管が詰まるといった症状により、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった病気を引き起こします。ABIは足の動脈の詰まり(末梢動脈疾患PAD)を見る検査で、末梢動脈(足や手の動脈)に硬化や詰まりがある場合、心血管疾患、脳血管疾患などとの合併を早期に発見するのに役立ちます。

フクダ電子VaSera VS-1500