グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 事業紹介  > 過去の事業  > 健康推進事業研究援助

事業紹介

健康推進事業研究援助

三越厚生事業団健康推進事業研究援助

当事業団では平成19年度より新規事業として、老人ホームを中心に運営されている社会福祉法人を対象に、その入所者の健康保持増進を目的とした医療分野における諸研究に対して、援助金の交付を行っております。


平成19年度 第1回 援助金交付実施内容

1. 事業の目的と内容

東京都の所管による社会福祉法人(特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、知的障害者更生施設運営)約300法人を対象に、独自で高齢者(身障者)などの健康維持・増進に関する研究を行っている施設に研究活動の援助を行い、医療の向上に貢献することを目的としています。

2. 実施要領

1. 応募申請計画書
  (「第1回三越厚生事業団健康推進事業研究援助申請計画書」)申込み
平成18年9月末日
申し込み締切り
2. 申請計画書の提出平成19年2月末日
提出期限
3. 審査・選考平成19年5月
決定
4. 援助対象施設への決定通知・援助金の交付平成19年6月

3. 応募件数

5件

4. 援助金交付施設

三越厚生事業団主催の「援助金交付審査会」(審査員5名で構成)を開催し、審査の上交付対象施設を決定しました。
社会福祉法人白十字会 特別養護老人ホーム 白十字ホーム
研究課題 「特別養護老人ホームにおける摂食・嚥下能力の低下に対応した食形態の選択が与える誤嚥性肺炎予防効果について」

5. 援助金額

200万円

6. 研究成果の発表

平成20年7月2日(水曜日)に当事業団におきまして、下記の通り研究代表者より研究成果について発表していただきました。
【発表者】 白十字ホーム 言語聴覚士 田中 治子氏
【発表内容】 第1回三越厚生事業団 健康推進事業研究 援助研究結果報告

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


平成20年度 第2回 援助金交付実施内容

1. 応募申請対象機関

東京都内に所在の社会福祉法人(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、知的障害者更生施設運営)約460法人

2. 実施要領

1. 応募申請計画書
  (「第2回三越厚生事業団健康推進事業研究援助申請計画書」)申込み
平成19年9月末日
申し込み締切り
2. 申請計画書の提出平成20年2月末日
提出期限
3. 審査・選考平成20年5月
決定
4. 援助対象施設への決定通知・援助金の交付平成20年6月・7月

3. 援助金総額(予定)

800万円

4. 援助金交付施設

平成20年度は応募施設5件の中から次の3施設の研究に対し援助金を交付することに決定しました。
社会福祉法人福音会医務室
研究課題認知症を有する後期高齢者に対する音楽療法の有効性の検討
―殊に心臓自律神経能および細胞性免疫能を中心として―
研究代表者医務室医療統括部長 栗田 明氏
援助金額200万円

医療法人財団河北総合病院
研究課題生活習慣記録機を用いた運動指導の有用性について
研究代表者内科部長 大島 祥男氏
リハビリテーション科 理学療法士 足立 和恵氏
援助金額200万円

医療法人社団京浜会 京浜病院
研究課題アルツハイマー型認知症周辺症状の標準的治療法の確立と、
同症状改善を目的とした介護方法の開発
研究代表者京浜病院院長 熊谷 賴佳氏
援助金額200万円

5. 贈呈式

平成20年7月2日(水曜日)、当事業団において全職員列席のもと、 各施設の研究代表者に贈呈書を授与致しました。

6. 今後の予定

  • 10月、11月に3施設を訪問し、研究の進捗状況を確認する予定です。
  • 平成21年春に研究成果について発表をいただきます。