グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究助成  > 三越医学研究助成  > 過去の助成対象者  > 第41回~第45回 (平成25年度~平成29年度)

研究助成

第41回~第45回
(平成25年度~平成29年度)

三越医学研究助成 対象者のご紹介


第45回 (平成29年度)

氏名所属機関・職名計画研究課題
1. サルコペニア、ロコモティブ症候群、フレイルに関する基礎的、臨床的研究
上住 聡芳東京都健康長寿医療センター
専門副部長
筋間質の間葉系前駆細胞による骨格筋維持機構の
解明とサルコペニア予防への応用
佐野 元昭慶應義塾大学医学部
循環器内科教室
准教授
サルコペニアの新規分子機構の解明と治療戦略の創出
2. 生活習慣病と呼吸器疾患(肺炎・COPD・肺癌)
青木 琢也東海大学医学部
准教授
肺癌患者における閉塞性睡眠時無呼吸症候群の
合併が免疫系細胞機能障害およびマイクロ
RNAプロファイルに及ぼす影響の検討
3.HDLの機能とsphingosine-1-phoshateに関する研究
蔵野 信東京大学医学部附属病院
検査部 講師
アポ蛋白Mの量的変化、質的変化を通じた
スフィンゴシン1-リン酸によるHDLの
多面的効果の医療応用
総額 690万円

第44回 (平成28年度)

氏名所属機関・職名計画研究課題
1. 生活習慣病と認知症
石渡 明子日本医科大学付属病院
神経・脳血管内科
准教授
糖尿病におけるアルツハイマー病発症リスク因子の規定
および至適治療介入時期の検討
~アミロイドPETを用いて~
2. 加齢性疾患とサルコペニア
井上 聡東京都健康長寿
医療センター研究所
研究部長
ミトコンドリア呼吸鎖超複合体を介するエストロゲンの
サルコペニアに対する保護作用の解明とその応用
3. 動脈硬化の石灰化の意義
三田 智也順天堂大学大学院
代謝内分泌内科学
准教授
高リンおよび高血糖による石灰化に対する血管平滑筋細胞の
オートファジーの役割
総額 570万円

第43回 (平成27年度)

氏名所属機関・職名計画研究課題
1. 心血管の再生医療(基礎および臨床研究)
太良 修平日本医科大学
循環器内科
助教
定量的3D血流イメージを用いた血管再生治療後の
微小血流評価
2. 骨代謝と生活習慣病
麻生 義則東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科
整形外科先端治療開発学
准教授
糖尿病による骨粗鬆症、骨質低下におけるPAI-1の
機能評価と新規治療指針の開発
3. 酸化・還元と心血管系疾患
八尾 貴子公益財団法人朝日生命成人病研究所
研究助手
酸化ストレス応答を媒介する新規アポトーシス誘導因子
ORAIPを標的とする心筋・脳虚血再灌流障害の
診断・治療法の開発
総額 550万円

第42回 (平成26年度)

氏名所属機関・職名計画研究課題
1. 糖尿病薬のプレイオトロピック作用
五十川 陽洋社会福祉法人三井記念病院
糖尿病代謝内科部長
脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)高値の糖尿病
患者におけるDPP-4阻害薬の影響の検討
2. 末梢動脈疾患(PAD)の研究 成因と予防
高木 元日本医科大学
循環器内科講師
DDS徐放化多血小板血漿再生治療による末梢血管機能研究
3. Phytosterolと心血管疾患
中野 貴成埼玉医科大学医学部
生化学講師
植物ステロール吸収制限
-排出促進機序と心疾患リスクの関連
総額 459万円

第41回 (平成25年度)

氏名所属機関・職名計画研究課題
1. 急性冠症候群の発症と機序(基礎から臨床まで)
西村 智自治医科大学分子病態治療研究センター
分子病態研究部
教授
生体分子イメージングによる動脈硬化リモデリングと
血栓破綻過程の可視化
2. 老化と酸化ストレス
清水 孝彦千葉大学大学院医学研究院
先進加齢医学
准教授
スーパーオキシドを起点とした酸化ストレスによる組織
障害の分子シグナル解析
3. 睡眠障害と生活習慣病
栁下 聡介埼玉医科大学医学部
薬理学教室
助教
睡眠時無呼吸症候群モデルにおける神経変性疾患関連
タンパク質の動態解明
総額 840万円