グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究助成  > 三越海外留学渡航費助成  > 過去の助成対象者  > 第16回~第20回 (平成27年度~平成31年度)

研究助成

第16回~第20回
(平成27年度~平成31年度)

三越海外留学渡航費助成 対象者のご紹介


第19回 (平成30年度)

氏名所属機関留学先 研究課題
栗原 理日本医科大学
千葉北総病院
助教・医員
マサチューセッツ
総合病院
急性冠症候群の原因はプラーク
の破綻と引き続き起こる血栓
形成が主体とされているが,
約3分の1はプラークの
びらんであると最近注目
されている、プラーク
びらんは急性冠症候群に
おける通常の治療,
ステント留置を行わなくても
予後が良好であるとの
報告がある、プラークびらんは
光干渉断層法でのみ診断が
可能であるが,全ての施設で
施行可能ではない、
プラークびらんと関連する
臨床背景は不明であるが
これを同定することは,
光干渉断層法なしにびらんの
可能性の高い症例を選定し,
ステント留置やそれにともなう
合併症を回避し医療費削減に
貢献すると考えられる。
根城 尭英東京大学大学院
医学系研究科
(脳神経医学専攻)
医学博士課程
東京大学医学部付属病院
脳神経外科 病院診療医
カリフォルニア大学
サンフランシスコ校
複合受容体システムを用いた
次世代型の脳腫瘍免疫治療の開発
春木 孝一郎東京慈恵会医科大学
外科学講座 助教
ダナ・ファーバー
癌研究所
大腸癌における腸内細菌叢と
オートファジーの関連と
予後に関する分子病理疫学的検討
森本 侑樹千葉大学
未来医療教育研究センター
特任助教
アメリカ
国立衛生研究所
新規病原性T細胞集団による痒み・
くしゃみなどの
神経過敏症状の病態形成機構の解析
総額320万円

第18回 (平成29年度)

氏名所属機関留学先 研究課題
片桐 諒子国立がん研究センター
社会と健康研究センター
疫学研究部
特任研究員
ハーバード大学時間依存性共変量や累加平均
モデルを利用した大規模
コホート研究における
生活習慣因子のがん罹患
および死亡への影響の検討
福永 久典Centre for Cancer
Research and Cell
Biology,Queen's
University Belfast PhD
Student in Medicine
クイーズ大学生殖幹細胞における低線量
放射線被ばく影響と
バイスタンダーシグナリング
宮川 統爾東京大学医学部附属病院
神経内科
助教
メイヨークリニック先制医療のための,
認知症大規模コホート
研究からのバイオマーカー解析
峯岸 薫横浜市立大学附属
市民総合医療センター
リウマチ膠原病センター
助教
ヴァンダービルト大学節リウマチにおける心血管
合併症の発症機序解明
佐藤 翔埼玉医科大学
国際医療センター
婦人科腫瘍科
助教
ペンシルバニア大学卵巣がんに対する
バイオマーカーの探索
川村 俊輔東京医科歯科大学
難治疾患研究所
研究支援者
スイス連邦工科大学ヒトにおけるミエロイド系
細胞とリンパ球系細胞が
共通の1前駆細胞から分岐・
分化する時系列と
メカニズムを、シングルセルイメージングの
手法を用いて明らかにする。
総額600万円

第17回 (平成28年度)

氏名所属機関留学先研究課題
野村 俊一郎日本医学大学付属病院
泌尿器科
コロンビア大学異種移植と免疫寛容
加藤 賢千葉大学医学部附属病院
循環器内科
医員
チューリッヒ大学
病院
多施設大規模レジストリーを用いた
たこつぼ心筋症の病態解明
今井 仁東海大学医学部医学科
助教
ミシガン大学
医学部
炎症性腸疾患における腸管線維化と
腸内細菌叢の関連の解明と治療応用
中川 裕介東京医科歯科大学医学部
再生医療研究センター
特任助教
ワイルコーネル
医大附属病院
Szeto-Schiller peptide(SS-31)投与
によるミトコンドリア機能改善が
腱障害(腱炎)を改善する
濵田 毅東京大学医学部附属病院
消化器内科
特任臨床医
腫瘍医学
ダナファーバー
癌研究所
大腸癌の発生と予後における、
アスピリンと腫瘍への免疫応答に
対する分子病理疫学的検討
壽原 朋宏慶應義塾大学医学部
麻酔学教室
助教
ハワイ大学医学部集中治療を要する急性期循環器疾患に
対する低酸素応答の治療的意義の探索
総額 300万円

第16回 (平成27年度)

氏名所属機関留学先研究課題
岩田 祐輔慶應義塾大学
精神神経科
助教
トロント大学治療抵抗性統合失調症患者における
線条体グルタミン酸濃度の測定
小澤 公哉千葉大学医学部
附属病院検査部
医員
オレゴン健康科学大学アテローム性動脈硬化の血管内皮酸化
ストレスや炎症への治療介入における
新規分子画像評価法の開発
髙橋 祐介帝京大学医学部
外科学講座
助教
スローン・ケタリング
記念がんセンター
Identification of immunogenic
cancer-specific
antigens in aggressive subtypes
of lung adenocarcinoma
肺腺癌の組織亜型特異的癌抗原の
特定とT細胞療法の探索
宮永 晃彦日本医科大学大学院
医学研究科
呼吸器内科学分野
助教・医員
NIHアメリカ国立癌研究所早期および希少肺癌における
新規治療標的分子マーカー探索と
分子生物学的解明
廣野 誠一郎千葉県がんセンター
脳神経外科
医師
モンペリエ大学覚醒下脳腫瘍摘出術における
鉤状束の言語機能制御機構の
解明と3Dコンピューター
グラフィックスを用いた術前
仮想シミュレーション
久保木 章仁東京慈恵会医科大学
医学部耳鼻咽喉科
助教
モネル・ケミカル・
センシズ・センター
インスリンを用いた嗅覚障害に
対する新規治療法の開発
総額 300万円