グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 健康セミナー・講座  > 健康セミナー

健康セミナー・講座

健康セミナー

保健衛生水準の向上をはかるために

「生活習慣病から身を守るには」をテーマに、新聞等の媒体を介して広く一般の方から参加を募り、健康セミナーを開催しています。


第44回健康セミナー(終了)

日 時:2018年11月19日(月)13時より
会 場:日本橋三越本店6階『三越劇場』
講 演: 広瀬 信義 氏 (慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター特別招聘教授)
演 題:「百寿者より学ぶ百年を健康に生きる秘訣」

近年超高齢化が進み人生百年時代といわれるようになってきた。この講演では百歳に到達した百寿者の
研究からどんなことが分かったかについて紹介したい。残念ながら100歳まで健康長寿で生きる
秘訣を理解するにはまだ研究が必要である。百寿者は急増しており1963年では全国で153人で
あったが2 0 1 7 年には6 7 , 8 2 4 名であった。百寿者は、糖尿病が少ない、動脈硬化が少ない、
炎症反応が低い、好奇心が旺盛で、幸せ感が高いなどの特徴がある。超高齢者の予後調査を行うと、
フレイル、炎症反応が生命予後に関連する事が分かった。フレイルの予防治療が超高齢期を健康に
過ごすのに必要と考えられる。長寿と遺伝の関係についてよくご質問をいただく。寿命に影響する遺伝の
強さは2 0 - 3 0 %と考えられている。現在長寿遺伝子の研究が活発に行われているがヒトでは
強い効果のある遺伝子は発見されていない。百寿者の中でも1 1 0 歳以上の方を特に
スーパーセンテナリアン(SC)と呼ぶ。SCは2015年の国勢調査では日本全国で146名と極めて少ない。
S Cは1 0 0 歳の時点で認知症はなく、自立していた。生涯を通して大病をせず真の健康長寿を
達成した方で、様々な研究が計画されている。この講演では魅力的な百寿者の方の
エピソードもいくつか紹介したい。

第43回健康セミナー(終了)

日 時:2017年11月13日(月)13時より
会 場:日本橋三越本店6階『三越劇場』
講 演:大内 尉義 氏 (国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 院長)
演 題:「健康長寿の秘訣」

わが国の高齢化率は既に26%を越え、今後、75歳以上の高齢者の増加が著しい
超高齢社会の到来が予測されています。このような超高齢化の時代を乗り切るためには、
健康で長生きする-すなわち健康寿命を長く保つ人生を個々人に実現し、健康長寿社会を築いていくことが重要です。健康寿命を延伸するためには、動脈硬化性疾患、認知症、骨粗悪症などの老年疾患の予防と治療とともに、老年症候群とよばれる、高齢者に多い臨床徴候の管理が重要であり、この中で、特に最近注目されている フレイル、サルコベ二アについてお話ししたいと思います。また、健康長寿社会の構築のためには、個人の 健康増進とともに社会の仕組みを変えていくことが重要であり、われわれが本年1月に提唱した高齢者の 新しい定義もその一環です。このように、本講演では、健康長寿社会を築くための具体的芯方策について、多方面から皆様と一緒に考えたいと思います。

第42回健康セミナー(終了)

日 時:2016年11月24日(木)13時より
     ※14時45分より贈呈式
会 場:日本橋三越本店6階『三越劇場』
講 演:伊藤 裕 氏(慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 教授)
演 題:「腸内フローラ」の腸!いい話

毎日どんないやなことがあってもどんな楽しいことがあっても私たちが唯一絶対に止めないこと
~それは「食べること」です。
わたしたちは、「生きるためには食べないといけません」。ですから、からだの中で最も重要な臓器は、
食べ物を消化吸収してくれる「腸」です。生物の進化の中で、最も早くできた臓器は「腸」で、「腸」ができてから、
あとになって「脳」は「腸」がうまく動くために作れましたし、「心臓」は「腸」が吸収した栄養をうまく運ぶために
生まれました。私たちは「食べるために生きている」といってもいいかもしれません。
実は、私たちは、自分一人では、食べたものをうまく消化吸収できません。仲間の力を借りなければ、うまく食べて
生きていくことができないのです。この仲間が、腸の中に棲んでいる「腸内細菌」たちです。
私たちは、おなかの中に、自分の細胞と同じ数の細菌(100兆個)を飼っています。重さにしてなんと1キロにも
達します。その種類は1000種類ほどあるといわれています。たくさんの種類の細菌が腸に生きているので、
そのさまは、「腸内フローラ」(フローラはお花畑という意味)と呼ばれています。ビフィズス菌や乳酸菌など
明らかに体にいい菌(善玉菌)や大腸菌などのように体に悪い菌(悪玉菌)のバランスが大切だといわれて
いますが、最近では、腸内細菌たち全体の種類の多さーバラエテイーが大切だということが分かってきました。
お花畑に咲いている花の種類が大切なのです。「腸」は一番大切な臓器であって、ほかの多くの臓器は、「腸」との
関係のなかで、働いています。ですから、「腸内フローラ」の乱れは、腸の病気だけでなく、思いもかけなかった、
いろいろな病気の原因となることが明らかになってきています。肥満、糖尿病、癌、アレルギー疾患、腎臓病、
動脈硬化、アルツハイマー病、自閉症など多くの病気が、「腸内フローラ」の乱れと関係していると考えられるように
なってきました。これまで原因不明と言われてきた病気に、「腸内フローラ」が関わっているかもしれません。ですから、
「腸内フローラ」を元気にすることができれば、私たちは、健康長寿の体質を手に入れることができる可能性が高いのです。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。