グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




健康セミナー・講座

第19回 健康セミナー

実施内容

1.[講演]酸化ストレスと病気―消化器病を中心に―
2.[講演]睡眠時無呼吸症候群と心血管系の病気
3.第34回 三越医学研究助成・第7回 三越海外留学渡航費助成贈呈式開催


概要

開催日時平成18年11月2日(木曜日) 13時00分~16時00分
会場三越日本橋本店6階 三越劇場
参加人数423名(定員500名)

第19回 健康セミナー

総合司会三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授 中村 治雄
講演第1部「酸化ストレスと病気―消化器病を中心に―」
講師1:三越厚生事業団三越診療所所長 船津 和夫
第2部「睡眠時無呼吸症候群と心血管系の病気」
講師2:日本医科大学教授(内科学) 水野 杏一氏

総合司会 中村常務理事

船津講師

水野講師

特保食品展示ブース

Q&A

第19回健康セミナーでの質疑応答時にお時間が足りずお答えできなかったご質問への回答です。
質問回答
Q1.ピロリ菌除菌に伴う他の細菌への影響は?抗生物質を服用すると大腸にいる腸内細菌が一部殺菌されますので、下痢を来すことがあります。しかし、内服期間は1週間なので腸内細菌への影響は一過性です。
Q2.不整脈とコーヒーの関係について。コーヒーにはカフェインや交感神経刺激物質が含まれていますので、不整脈で治療を受けている人では飲用されない方が安全でしょう。
Q3.胃とコーヒーについて。コーヒーにはカフェインが煎茶に比べ多く含まれていますので、胃の弱い方は控えた方がよいと思います。どうしてもコーヒーを飲みたい方は、うすめのコーヒーを1~2杯/日を飲むか、ミルクを多めに入れたカフェオレがよいでしょう。
Q4.検査は異常ないのに、胃の調子が良くないのですが。胃透視、胃内視鏡検査で異常はないのに、胃の調子が悪い方がいます。このような胃の状態は機能性胃腸症と呼ばれます。胃の知覚過敏やストレスとの関連が指摘されていますが、その原因はまだ充分解明されていません。内服薬を調整することにより症状がよくなります。

三越医学研究助成贈呈式

選考経過報告三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授 中村 治雄
受賞者代表講演東京大学医学部附属病院老年病科講師 寺本 信嗣氏

医学研究助成選考結果報告

記念講演 寺本氏

次回の開催案内・お問い合わせ

次回は平成19年2月9日(金曜日)新宿京王プラザホテルにおきまして開催を予定をしております。 詳細につきましては、当ホームページ及び毎日新聞にてご案内いたしますので、皆様のご参加をお待ちいたしております。
健康セミナー等の年間開催スケジュールは健康セミナー・講座ページでご覧いただけます。
健康セミナー・健康講座に関するお問合せ
公益財団法人三越厚生事業団 事務局
電話:03-3348-5791 / FAX:03-3348-5795
E-mail:jimukyoku(ここに@を入れてください)mhwf.or.jp