グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




健康セミナー・講座

第28回 健康セミナー

講演テーマ

1.脂質異常症の予防
2.高血圧の予防


概要

開催日時平成21年7月2日(木曜日) 13時00分~15時45分
会場三越日本橋本店6階 三越劇場
総合司会三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授 中村 治雄
開会挨拶三越厚生事業団常務理事 小野 俊一
講演演題1:「脂質異常症の予防」
講師1:三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授 中村 治雄
演題2:「高血圧の予防」
講師2:防衛医科大学校循環器内科教授 大鈴 文孝氏
参加人数342名

開会挨拶 小野常務理事

中村講師

大鈴講師

総合司会 中村常務理事

熱心に聴講される参加者の皆様

Q&A

質疑応答時にお時間が足りずお答えできなかったご質問への回答です。

講演1:脂質異常症の予防

質問回答
Q1.25才位からコレステロールが240mg以上あり(体重38kg)膵臓炎で入院中。それ以降、脂物はあまりとりませんが、ずっと240~260mgあります。善玉は70mg現在(1カ月前)からリピトールを服用しておりますが、ずっと服用した方が良いのでしょうか。(69歳女性)体重の割にコレステロールが高く、膵臓炎にも罹患したとのこと、リピトールの服薬は続けてください。コレステロールだけでなく、中性脂肪も高い可能性があります。
Q2.去年あたりから「トランス脂肪酸」が身体によくないといわれ、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、マーガリンとか挙げられました。その他ショートニング入りのクッキー、ケーキ、パン類もまだまだ市場に出まわっています。せっかく先生方が研究して解明してくださったことを、消費者としてはそれらの含まれていない食品を買わないよう努めますが、市場に出ることを極力少なくするために研究者はメーカーサイドへの進言、厚労省への働きかけをどのようになさっているのでしょうか。「健康第一」には一番手っとり早い方法だとつねづね思っています。(65歳女性)現在では、どのメーカーの脂肪でもトランス型脂肪酸は心配ないレベルに減っています。
Q3.既に血管に付着したコレステロールを減らす方法はありますか?(51歳男性)善玉(HDL)を増やすことです。薬では現在良いものがありません。 中性脂肪を下げ、運動することが大切です。
Q4.総コレステロール、HDL、LDLは正常範囲だが、中性脂肪のみ多い場合の(空腹時で220~250)薬物療法は?(腰や下肢が痛いので運動は出来ない)(身長160cm、体重60kg)タバコ、酒は飲まない。米飯も毎食100g以内です。甘い物も多くは食べないです。(80歳男性)フィブラート系という薬物がすすめられます。
Q5.LDLが201、HDL75、中性脂肪55で、現在クレストール錠1日1錠内服しております。3カ月内服し、CK188で筋肉溶解? が少し出て様子を見ながら続けますと、現在はLDL136、HDL79、中性脂肪36、毎日ウォーキング30分続けております。できたらクレストール副作用あり。できれば薬の内服やめられたらいいなと思っています。注意事項宜しく御教示お願いします。(58歳女性)LDLが201mg/dlでは服薬は必要です。CKが188では心配ありません。運動によるものと思います。

次回の開催案内・お問い合わせ

次回の健康セミナーは11月4日(水曜日)に三越劇場に於きまして開催の予定でございます。 詳細が決まりましたら当ホームページや毎日新聞等でお知らせいたしますので、 奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
健康セミナー等の年間開催スケジュールは健康セミナー・講座ページでご覧いただけます。
健康セミナー・健康講座に関するお問合せ
公益財団法人三越厚生事業団 事務局
電話:03-3348-5791 / FAX:03-3348-5795
E-mail:jimukyoku(ここに@を入れてください)mhwf.or.jp