グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




健康セミナー・講座

第33回 健康セミナー

実施内容

1.[講演]糖尿病患者さんの脂質コントロール
2.第38回 三越医学研究助成贈呈式


概要

開催日時平成22年11月11日(木曜日) 13時00分~15時30分
会場三越日本橋本店6階 「三越劇場」
参加人員212名

第33回 健康セミナー

1.総合司会中村 治雄(三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授)
2.開会挨拶小野 俊一(三越厚生事業団常務理事)
3.講演演題:「糖尿病患者さんの脂質コントロール」
講師:東京慈恵会医科大学附属柏病院総合診療部教授 多田 紀夫氏

健康セミナー会場

多田講師

三越医学研究助成贈呈式

1.挨拶三越厚生事業団理事長 佐藤 文夫
2.選考経過報告審査委員長:三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授 中村 治雄
3.助成金贈呈
4.受賞者代表挨拶東京大学大学院医学系研究科特任准教授 矢作 直也氏
5.受賞者代表講演東京大学大学院医学系研究科特任准教授 矢作 直也氏

贈呈式

受賞者(前列5名)

受賞者代表講演 矢作 直也氏

第38回 三越医学研究助成 受賞者

氏名所属機関・職名計画研究課題
研究課題1.スタチンとpleiotropic effects
瀬尾 誠埼玉医科大学医学部
基礎医学部門生化学 助教
スタチンによるヒトPPARδ発現および活性化調節機構の解明
研究課題2.日本人における糖尿病の特徴とその予防と治療
田村 好史順天堂大学医学部
内科学代謝内分泌学講座
准教授
非肥満者における異所性脂肪蓄積とインスリン抵抗性に関する研究
矢作 直也東京大学大学院医学系研究科
糖尿病代謝内科・
分子エネルギー代謝学講座
特任准教授
糖尿病の早期診断・早期治療のための新たな枠組みの社会実験
研究課題3.消化管疾患の診断と治療の新しい取り組み
池上 恒雄東京大学
医科学研究所附属病院
ゲノム診療部 准教授
進行大腸癌に対する抗EGF受容体抗体療法効果予測のための新規バイオマーカーとしてのRAS GTPase activating protein(RASGAP)遺伝子RASAL1の重要性の検討
細江 直樹慶應義塾大学
内視鏡センター 助教
カプセル内視鏡を使用した低用量アスピリン内服患者の小腸病変サーベイランス
(多施設共同研究)

第11回 海外留学渡航費助成 受賞者

氏名所属機関留学先研究テーマ
大野 由夏東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科
麻酔・生体管理学分野
特任研究員
オールボー大学
感覚・運動相互作用センター
顎顔面領域の慢性疼痛疾患患者における内因性疼痛抑制機構の解明
河尻 澄宏順天堂大学
医学部 脳神経内科
大学院生
カリフォルニア大学
ロサンゼルス校
Mitochondrial fission/fusion mechanism in mitophagy induced by PINK1/parkin
藤波 芳東京医療センター
感覚器センター
視覚研究部
英国モアフィールド
眼科病院
黄班部遺伝性疾患の臨床診断と遺伝子治療を目標とした分子遺伝学的解析
柿本 一城国立国際医療研究センター
研究所 消化器疾患研究部
研究生
ハーバード大学
医学部 病理学
糖鎖認識分子を標的とした、炎症性腸疾患に対する新規治療法の開発
井下 綾子順天堂大学 医学部
耳鼻咽喉科学教室 助教
クリーブランドクリニック
ラナー研究所
癌遺伝子増幅のメカニズム―ヒトゲノムの特異的繰り返し配列の役割の解析