グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




健康セミナー・講座

第38回 健康セミナー

講演テーマ

メタボリックシンドロームと動脈硬化 ~その予防と治療~


概要

開催日時平成24年11月13日(火曜日) 13時00分~14時30分
会場日本橋三越本店6階 「三越劇場」
総合司会中村 治雄(三越厚生事業団顧問・防衛医科大学校名誉教授)
開会挨拶鈴木 庸(三越厚生事業団常務理事)
参加人員220名

司会 中村治雄先生  開会挨拶  鈴木常務理事

熱心に聴講される参加者の皆さま

講師 平野勉 先生

講師 平野勉 先生

講演内容

メタボリックシンドロームと動脈硬化 ~その予防と治療~

講師: 平野 勉 氏(昭和大学 医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科部門 主任教授)
1.動脈硬化性疾患の主要な危険因子
  ・高LDLコレステロール血症
  ・低HDLコレステロール血症
  ・加齢(男性45歳以上、女性55歳以上)
  ・糖尿病(耐糖能異常を含む)
  ・高血圧
  ・喫煙
  ・冠動脈疾患の家族歴
2.心血管系疾患の死亡率
 日本人の約30%
3.急性心筋梗塞と危険因子
4.頻度の高い生活習慣病
 脂質異常・高血圧・糖尿病
5.生活習慣病が招くメタボリックシンドローム
6.メタボリックシンドロームの診断基準
 腹腔内脂肪蓄積(ウエスト周囲径)
  ・ 男性85センチ以上  女性90センチ以上
 内臓脂肪からでる様々な物質が動脈硬化の原因となる
7.メタボリックシンドロームと超悪玉コレステロール
 超悪玉コレステロール = 小型LDLコレステロール
  ・動脈硬化の強い原因
  ・内臓脂肪面積の増加は小型LDLを増加させる
  ・メタボリックシンドロームでは小型LDLが増加する
8.糖尿病は万病の元
9.メタボリックシンドロームの予防
 食事療法と運動療法のポイント
10.家族性高コレステロール血症(FH)
 成人(15歳以上)FHヘテロ接合体診断基準
  ・高LDL-C血症
  ・腱黄色腫あるいは、皮膚結節性黄色腫
  ・FHあるいは早発性冠動脈疾患の家族歴
11.高脂血症患者さんに...
 食事療法をしながら、メバロチンを指示通りに継続服用すると、長期にわたり、コレステロール値のコントロールが可能となり、
心臓病や脳梗塞の発症率が低下します。
12..動脈硬化性疾患の発症予防のために
  ・生活習慣の是正
  ・食事・運動療法
  ・薬物療法(規則正しい服薬)

次回の開催案内・お問い合わせ

平成25年1月25日(金曜日)「第4回健康実践教室」を予定しております。
詳細については以下の資料をご参考ください。

明年3月にも健康講座の開催を予定しております。 詳細が決まりましたら当ホームページでお知らせいたしますので、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
健康セミナー等の年間開催スケジュールは健康セミナー・講座ページでご覧いただけます。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


健康セミナー・健康講座に関するお問合せ
公益財団法人三越厚生事業団 事務局
電話:03-3348-5791 / FAX:03-3348-5795
E-mail:jimukyoku(ここに@を入れてください)mhwf.or.jp