グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  健康セミナー・講座 >  健康講座 >  第45回健康講座

第45回健康講座


コーヒーは世界中で愛飲されている飲物です。
コーヒーには1000種類以上の化学物質が含まれており、その代表がカフェインとポリフェノールです。
これらの化学物質の一部が様々な生活習慣病や慢性疾患に対して予防効果や改善効果があることがわかってきました。
ここでは、コーヒーの生活習慣病予防効果として、高血圧、糖尿病、脂肪肝への効用についてお話しします。

講演内容

講演①コーヒーと高血圧、コーヒーと糖尿病
 →コーヒーの高血圧、糖尿病に対する効用を私たちのデータを含めてお話しします。


講演②脂肪肝の現状、コーヒーと肝障害

 →脂肪肝の現況と脂肪肝の中でも悪性で近年増加傾向にある非アルコール性脂肪肝炎(NASH)についての話題をお話しし、さらにコーヒーの肝障害予防効果をこれまでの報告とわれわれのデータを使って示します。


講演③コーヒーと脂肪肝

 →脂肪肝へのコーヒーの効用とこれまで報告されているコーヒーの生活習慣病への効用を含めたコーヒーの功罪を私たちのデータを交えてお話しします。

講師

船津和夫 先生

<略歴>
医学博士
慶應義塾大学医学部 卒業
慶應義塾大学大学院医学研究科 修了
慶應義塾大学病院 勤務
東京歯科大学内科 助教授

お申込みいただくと視聴が可能になります!

お申込みは、視聴期間中いつでも可能です!
お申込みいただきましたメールアドレスに、公開URLを送付いたしますのでそちらから視聴が可能になります。

視聴は無料になります!
みなさまのお申込みお待ちしております!

<申込の注意事項>
・「@mhwf.or.jp」からのメールを許可していただくようお願いいたします。
・申込み後メールが届かない場合は、事業団までご連絡ください。
※Gmailなど迷惑メールに振り分けられてしまう可能性もありますので、そちらもご確認ください。

<お問い合わせ先>
三越厚生事業団 第45回健康講座
seminer@mhwf.or.jp

ページトップへ戻る
交通アクセス
お問い合わせ