グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  各種検査について >  下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)


この検査は肛門から内視鏡を挿入し、直腸および結腸・盲腸を観察する検査です。その際に、病変の一部をとってきて組織検査(生検)を行ったり、ポリープや早期がんを切除したり、出血している病変部の止血などを行います。
検査時間は個人差がありますが、腸管の状態(例えば、S状結腸が極めて長いとか、以前に開腹手術を受けていて癒着がある等)や、生検やポリープを切除したりする場合には、時間がかかる場合があります。

検査前には前処置薬(下剤)を飲んでいただき、腸の中を空にする必要があります。前日から下剤の内服や消化のよい食事をとっていただく必要があります。
検査当日は午前中に下剤を内服し、検査は午後からになります。

予約制となります

検査は予約制となっております。外来で予約をお取りします。検査前の説明・前処置薬のお渡しなどがありますので、電話での予約はできません。

検査日

毎週木曜日

検査前日からの流れ

前日の注意点

  • 事前に説明、お渡しする用紙に従って準備して下さい。

当日の流れ

受付 9時50分までにお越し下さい。
前処置 10時から下剤2リットルを飲み始めます。(※約2時間)
着替え 検査前に検査着に着替えて頂きます。
検査 13時30分より順番に開始します。
約20~30分かかります。(※個人差があります)
鎮静剤の注射をします。
終了後 医師、看護師の指示に従って下さい。
※鎮静剤の影響により、当日は車、バイク、自転車の運転は控えて下さい。
【組織検査、ポリープ切除をした場合】
  • 1週間~10日間の食事や活動の制限があります。
  • 後日結果説明のため外来を受診して頂きます。