グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究助成 >  過去の実績 >  三越海外留学渡航費助成 >  第21回~第25回 (令和2年度~令和6年度)

第21回~第25回 (令和2年度~令和6年度)


三越海外留学渡航費助成 対象者のご紹介

第23回 (令和4年度)

氏名 所属機関 留学先 研究課題
大久保 真理子 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第一部 研究生 筋疾患研究所 ラミノパチーに対する遺伝子治療法の開発
樺 俊介 東京慈恵会医科大学 内視鏡医学講座 メイヨークリニック Mesna を用いた漿膜下トンネル法の確立
三戸 麻子 国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科 医長 スタンフォード大学医学部内科 日本と米国における日本人女性の周産期転帰比較研究
-米国式のライフスタイルが、胎児期または出生後から日本人の周産期転帰に及ぼす影響の検討-
総額:300万円

第22回 (令和3年度)

氏名 所属機関 留学先 研究課題
呉壮香 日本医科大学統御機構診断病理学 助教 ハーバード大学医学部
ベルイスラエルディーコネス医療センター
治療抵抗性甲状腺癌の新規治療開発に向けた研究
竹田玲奈 東京大学医科学研究所 細胞療法分野
特別研究員
ダナファーバー癌研究所 エピゲノムを標的とした前白血病に対する先制的治療の開発
横瀬崇寛 慶應義塾大学医学部 外科学(一般・消化器) 助教 マサチューセッツ総合病院 マウス移植モデルにおける移植免疫寛容のメカニズムの解明
総額:300万円

第21回 (令和2年度)

氏名 所属機関 留学先 研究課題
宮田 功一 東京都立
小児総合医療センター
小児循環器科医員
カルフォルニア大学
サンディエゴ校医学部
小児科 川崎病研究センター
日米の多施設大規模レジストリーを用いた川崎病の冠動脈瘤リスク因子の探索、及び抗サイトカイン療法を併用した新たな急性期治療の臨床研究
鈴木 啓士 日本医科大学
多摩永山病院
内科・循環器内科
助教
マサチューセッツ総合病院 AI(人工知能)を用いた層状プラークの診断
総額:200万円

第24回 (令和5年度)

第25回 (令和6年度)

ページトップへ戻る
交通アクセス
お問い合わせ